自分に本当に必要な保険を探すことから始めよう

窓口が増えた理由

無料保険相談の窓口が増えた背景とは

最近は街中で無料で保険相談を受けることが出来る店舗が増えてきたようです。このような保険相談が出来る形態を来店型保険ショップというのですが、このような店舗は2012年現在で主要5社だけでも1300店舗を超えているようです。 このような店舗が増えてきた背景には金融ビッグバンの影響があるようです。金融ビッグバンによって規制緩和による金融商品の多様化が進んだのであります。 それまで保険商品といえば保険会社の営業がその会社の商品だけを売っていたり、保険代理店でも1社の保険商品しか扱えなかったのであります。それが法改正により代理店でも複数の会社の保険商品を扱えるようになりました。 保険を選ぶ方側からすると選択肢が増えることで、自分に合った商品を大変になったのでプロに相談したいというニーズが生まれてきたのです。

今後も相談する人は増えると考えられます

規制緩和によって生命保険などの金融商品が多様化されるようになりました。その結果保険代理店では複数の会社の保険商品を扱えるようになりました。そうなると保険会社でも代理店に選んでもらえるような魅力ある保険商品を新しく作るようになってきました。 そしてそれらを選ぶ消費者の立場からすると選択肢が増え自分に合う商品を探すためにプロのアドバイスが欲しくなりました。その結果、無料の保険相談窓口という形態が発展するようになりました。 少子化の影響で年金があてにならないと考える人も多く、保険について関心を持つ人も多いと思います。そのため無料の保険相談を利用する人は増えていくでしょう。このような保険相談ショップは人が立ち寄りやすい場所に店舗を構えるためますます人目につく機会が増えると思います。

Copyright (c) 2015 自分に本当に必要な保険を探すことから始めよう all reserved.